虫歯治療

「ストリークレーザー」「ドックベストセメント」を用いた、歯に優しく、痛みの極力でない虫歯治療

私たちは「極力削らない・神経を抜かない」ことを大切にして虫歯治療を行っています。歯を削り神経を抜くと、以下のように歯の寿命は短くなりますし、治療も痛みがでてしまいます。

私たちは、プラズマレーザーによる治療で歯へのダメージを抑え、痛みも最小限に抑えることを大切にしています。

削る事・神経を抜くことで起きる可能性があるデメリット

歯を削る事により歯の表面にヒビが入り、歯の寿命が縮まる可能性があります。

歯の神経を抜くと、血流や栄養分が遮断されます。すると歯が枯れ木のように弱くなり、ひびが入りやすく、折れやすくなる可能性があります。

歯根に細菌が溜まりやすくなります。すると、そこから細菌が全身に広がり、さまざまな全身疾患を引き起こす可能性が高まります。

神経を抜かないための「歯髄保存療法」

神経まで近づいている虫歯の治療は、一般的な歯科治療ではほとんどの場合神経を抜くことになります。また、虫歯をしっかり取ると、結果として神経を傷つけてしまいがちでした。

それを避けるため当院では、

  • Nd-YAGレーザー「STREAK-1」(厚生労働省認可・承認番号211500BZZ00607000)※公式サイト
  • アメリカですでに認可されている、人間の血液中にも含まれる成分を中心とした、アレルギー反応が従来製品より少ない「ドックベストセメント」

を導入しています。

神経を抜かないため、治療回数と身体の負担を減らすことができます。

歯や身体へのダメージを極力おさえ、毎日を明るく過ごせるようになっていただく「健康美」の実現を目指しての治療法です。

ストリークレーザーのメリット

ストリークレーザーは、厚生労働省の認可を受けている、虫歯だけではなく歯周病など様々な場面で使えるプラズマレーザーです。

高温のプラズマを作り出し、その熱エネルギーで虫歯や歯周病などの病巣だけをピンポイントに殺菌します。

そのため、通常の治療より歯への負担を少なく治療することができます。

プラズマというと熱いのでは?と思われるかもしれませんが、照射するのは1万分の数秒レベル。水で冷却も行います。これを繰り返し照射いたしますので、やけど等の心配なく安心安全に治療できます。

■デメリット

大きなデメリットはありませんが、一般的な歯科治療法と同様にその後のケアや日常生活(食生活など)が悪いと再発する可能性はあります。

■費用目安

ストリーク虫歯治療:自費2万円~(税抜)

初期虫歯こそレーザーを!

一般的な虫歯治療は、虫歯をドリルで削り取り、削った穴に詰め物をします。

しかし、削れば亀裂が入り、亀裂から感染して虫歯が再発する可能性があります。そのため、初期虫歯をいかに「削らないで治す」かが重要です。

そこで、Nd-YAGレーザー「STREAK-1」の出番です。削るのではなくレーザーで殺菌します。

殺菌水を注水しながらレーザーを虫歯に照射します。虫歯菌の殺菌はもちろん、さらに歯質が強化されます。最後にレジンで充填します。

歯肉のおでき(フィステル)

【1】歯肉にできたおでき。歯根に太い土台が入っており根管治療ができません。

【2】ストリークレーザーをおできから歯肉内部の骨に向けて照射します。痛みがない処置のため、麻酔は不要です。

【3】2週間後、組織が再生され、おできが消失しました。

ドックベストセメントのメリット

ドックベストセメントとは、アメリカではすでに厳しい検査の上で認可を受けている、従来の詰め物「セメント」に代わる製品です。

そして、従来のセメントと違うのは、”虫歯菌をミネラルで殺菌” できる点。ストリークレーザーでの殺菌の後にドックベストセメントを詰めると、ドックベストセメントの持つ殺菌力により、再発を予防してくれます。

また、人間の血液中に含まれるものが主成分のため、アレルギー反応が非常に少ないことも特徴の1つです。そのため安全で身体にダメージが少なく、お子様からお年寄りまで安心して使える素材と言えます。

また、歯の内部で虫歯に侵されて失ってしまった象牙質を再生させることも期待できます。

【1】非常に深い虫歯。これ以上削ると神経を傷つけてしまいます。

【2】ストリークレーザーを照射し殺菌させ、ドックベストセメントを塗布します。歯はほとんど削りません。

【3】痛みもなく経過良好なので、セラミックの詰め物を装着しました。

最小限の治療を実現するための、拡大鏡へのこだわり

歯はとても小さく、また虫歯の箇所となると極めて小さく肉眼では精密な治療が不可能です。

そこで、当院では治療に関わる全員が、2.5~7倍の拡大鏡を用いて、精密な治療を行えるように心がけています。

お問合せはこちらお問合せはこちら