院内感染予防対策について

  • Home
  • /
  • 院内感染予防対策について

当院は世界一安心安全な歯科医院を目指しています

歯科治療は、だ液や出血をともなうことが多々あります。様々な方が訪れる場所だからこそ、すべての方にとって安心安全な環境管理が大切です。私たちは、世界一安心安全な歯科医院を目指して、環境管理を行っています。

安心・安全な除菌治療水『エコシステム』を導入しています

エコシステムは、給水ユニット内、ユニット吐水の残留塩素濃度を正確に保ち、衛生的な歯科除菌水で連続除菌治療を可能にします。

当院では、うがい水から治療の水まで、診療に使用する全ての水にエコシステムを使用しています。

口腔内を洗浄除菌しながら治療を同時に行うことができるため、治癒が早くなるとともに血管内に細菌が入り込む「菌血症」も予防することができ、安心して治療を受けることができます。

厚労省から「外来環」の認定を受けています

「歯科外来診療環境体制(外来環)」とは、感染予防のための衛生的な環境体制が整っている歯科医院のみ、厚生労働省から認定される制度です。この制度は、緊急時に備えた安全対策、感染防止、診療環境の整備、衛生管理など、複数の基準をクリアした医院のみが受けられます。

「感染予防や衛生管理が十分に行われている歯科医院かどうか」を判断する目安になり、全国でも取得している歯科医院は1割程度です。

当院では、世界一安心安全な歯科治療をご提供するため、国が定めた基準を満たし、外来環の認定を受けています。

「外来環」の認定基準

  • 緊急時の対応や医療事故対策等の医療安全対策に係る研修を修了した常勤の歯科医師が、1名以上配置されていること。
  • 歯科医師が複数名配置されていること、または歯科医師及び歯科衛生士がそれぞれ1名以上配置されていること。
  • 患者にとって安心で安全な歯科医療環境の提供を行うために、次の十分な装置・器具等を有していること。
    • 自動体外式除細動器(AED)
    • 経皮的酸素飽和度測定器(パルスオキシメーター)
    • 酸素(人口呼吸・酸素吸入用のもの)
    • 血圧計
    • 救急蘇生セット
    • 歯科用吸引装置
  • 診療における偶発症等緊急時に円滑な対応ができるよう、別の保険医療機関との事前 の連携体制が確保されていること。
  • 歯科ユニット毎に、歯を削る、入れ歯や被せ物の調整等を行っている時に飛散する、細かい物質を吸収できる環境を確保していること。

当院は「歯科治療水安全施設認定」されています

当院は、歯科治療に最も使う「水」にこだわりを持ち、一般的な水道水は一切使わず、人体に無害で環境に優しい除菌水を使用しています。

年1回水質検査を行い、一般細菌ゼロの状態を保ち、ハイレベルな院内感染対策を維持しています。

水質検査の結果「細菌ゼロ」となりました。

水道水は安全ではないの?

日本の水道水はきれいです。なので本来問題はありません。しかし、それにも関わらず少なくない歯科医院で、法律の上限を超えて細菌が検出されます。

それは、水を流していないときに内部に溜まった水が原因。滞留していると細菌がその中で増殖します。そこで、私たちは全ての配水を見直し、工事をしました。結果として滞留していても細菌が増殖しない環境を実現しました。

その他、感染予防対策に力を入れています

器具、エプロン、紙コップ、手袋は 患者様ごとに取り替えています。
歯を削るタービン類は、患者様ごとに滅菌しています。

診療後は、毎回 除菌薬でユニットの清掃をしています。

お口に入る器械等は、使い捨てのビニール袋をかけて使用します。

口腔外バキューム
空気中の院内感染予防のために常に使用しています。

滅菌器 ステイティム
タービン(歯を削る機器)の中空(空気と水の回路)まで完全滅菌します。

高温高圧の滅菌器に器具をかけると、器具の痛みが激しく廃棄処分や修理に出す機会が増えます。
しかし滅菌は安心な歯科治療には必須です。

これらの器具をご用意してお待ちしておりますので、当日キャンセルはお避け頂くようにお願い致します。

お問合せはこちらお問合せはこちら