メインイメージ

 

こどもの矯正  歯並びよりも大切なことがある  ~それは呼吸の質を良くすること~

 

ランパ・バイオブロック療法(顎の自然成長誘導方法)~気道を拡げられる治療方法~

ランパ・バイオブロック療法は、頭蓋顎顔面の成長を誘導することにより、顔に奥行ができ、気道が広がり、質のよい呼吸、嚥下、咀嚼ができるようになります。 それに伴い、歯並びも抜歯せずにきれになってゆきます。

 

歯は上顎骨と下顎骨についています。歯並びが悪いというのは、上下の顎の骨が歪み狭くなっているから歯が並ばないのです。 見た目で歯並びが悪いというその原因は上下顎の成長不足、しいては頭蓋全体の歪みがあります。

 

顎が小さく歯が並ばない場合、口の中にある舌はどこへいっているのでしょう?
舌は喉の奥へ追い込まれます。
喉の奥には気道があります。 奥に追い込まれた舌は気道を圧迫し、呼吸量が減り呼吸の質が悪くなります。

 

歯並びの悪いお子さんの多くに、喘息、鼻閉、いびきなどの呼吸器疾患や耳鼻科疾患が多いのもこのような事が原因の一つでしょう。 さらに成人して睡眠時の無呼吸症候群になりかねません。

このようなお子さんに、歯を抜いて矯正をすると、さらに舌が奥に行き呼吸の質が低下してしまいます。

できれば、子供のうちに、顎顔面の成長方向を正してあげ、健やかに成長する手助けをしてあげたいものです。

生きていく上で一番重要な呼吸。

気道を広げることにより、質の高い呼吸をできる機能を育成し、呼吸器系の疾病(例えばぜんそくなど)や耳鼻科疾患の改善が認められることが多くあります。

歯並びはもちろんですが、呼吸器疾患、耳鼻科疾患、夜間いびきの改善を望む方はご相談下さい。

しっかりとした咀嚼・嚥下・呼吸ができ、お子様のからだの成長にも良い影響を与えます。
また顔つきも変わり、健康的な顔貌になります。

院長竹末も子育て中であり、自分の子どもにしたい!と心から思う素晴らしい治療法です。

詳しくはこちらへ  顎顔面口腔育成研究会(JACG)HP

 

現在、矯正希望の患者様が多く、予約が取りずらくなっております。 大変申し訳ございませんが、小学生までの矯正治療のみご相談を引き受けております。 中校生以上は原則としてお引受けしておりません。ご了承下さい。

 
治療の流れはどのようになっていますか?

①相談 口腔内診査をし、現在の問題点や大まかな治療のご説明をします。費用はかかりません。

②簡易検査 もう少し詳しくお話を聞きたい方は、レントゲン診査、CT検査、模型診査等のご予約をお取り下さい。(\16,200)

③ご説明 ご両親及び祖父母など育児に参加される方全てににいらして頂くことをお願いしています。

       治療を理解して頂いた上で家族が一団となり、お子様をサポートして頂くと治療効果が高いからです。

④その後ご家族で話合って頂き、ご希望されればご契約・治療開始となります。

 

      
治療の開始はいつが最適でしょうか?

5歳以上であればなるべく早い治療が望ましいです。 乳歯を使用しますので遅くても8歳までには開始したいところです。とくに受け口の場合は早めの治療をお勧めします。

一生の身体や顔の形に関わる大切な問題です。様子を見ていたら、発育不足の萎縮した顎顔面のままです。 「おかしい」と感じたら、様子を見てないで早期に相談にいらして頂ければと思います。

また、鼻疾患、呼吸器疾患があるお子様は早めの治療をお勧めいたします。

 

治療期間はどのくらいまででしょうか?

第二大臼歯の萌出が終了するまでが目安になります。個人差がありますが、中学生くらいでしょう。

理想としては、8歳位までに開始し、顎顔面を良い方向にもってゆき、第二次成長期を迎えるということです。

通院ペースはどの位でしょうか?

年齢、個人差もありますが、最初の1~2年は 月に2回は必要になります。ランパ治療の際は毎週ということもあります。また生え変わりを待つ時期等は2~3か月に1回ということもあります。状況により変化します。

費用はどの位でしょうか?

治療内容により個人差がありますので、ご相談の際にご説明いたします。  

腔筋機能療法(MFT)を行い、後戻りをしないようにしましょう

舌が上の顎(口蓋)につかない、舌がいつも下の顎にあり、下の前歯を押している・・・ 無意識にしている舌の動きが、歯並びに重大な影響を与えます。 正しい舌の動きは、口呼吸、発音障害を解消します。 また矯正治療の効果を高め、安定した歯並びが得られるでしょう。

ゆりの木歯科医院では、様々な運動を患者様と一緒に取り組んでいます。 この運動は、後戻りしないためには必要不可欠です。

その一部をご紹介します。

① ガムトレーニング(舌を上に持ち上げ正しい飲み込み方を覚える)
ガムトレーニング ガムトレーニング ガムトレーニング ガムトレーニング
①ガムを噛んで
 舌の上で丸める
②舌でガムを上あごに
 貼り付ける
③上あごに付いている
 ガムを舌で押し広げる
④ガムを上あごに
 押し付けたまま
 唾液を飲み込む
ガムトレーニング ガムが前歯の裏についていませんか?その場合はつかないようにトレーニングしましょう。
② パッ パッ (口の周りの筋肉強化)
口の周りの筋肉強化 口の周りの筋肉強化
上下の唇を歯に巻き込む パッと音がするように
口を開ける
この運動は簡単で、効果が高いです。お口ポカンの方、前歯が出てきた方に有効です。
Copyright© 2013 ゆりの木歯科医院 All Rights Reserved.