院内感染予防対策について

  • Home
  • /
  • 院内感染予防対策について

当院は世界一安心安全な歯科医院を目指しています

歯科治療は、だ液や出血をともなうことが多々あります。様々な方が訪れる場所だからこそ、すべての方にとって安心安全な環境管理が大切です。私たちは、世界一安心安全な歯科医院を目指して、環境管理を行っています。

安心・安全な除菌治療水『エコシステム』を導入しています

エコシステムとは不純物を極限まで取り除いた超純水と高純度の塩を混合し電気分解した、薬品を全く使用しない、安心・安全な除菌治療水(次亜塩素酸水:HCLO)です。

これをうがい水から治療の水まで使用すると

  • 除菌作用がある
  • 院内感染(飛沫、相互感染)を防ぐ
  • 傷の治療促進が期待できる
  • 消臭力がある
  • 人体に無害
  • ほとんどの細菌、カビ、ウイルスを殺菌

治療水の残留塩素濃度(消毒効果)を常に保ち、除菌しながら治療を同時に行える画期的な治療システムです。

当院は「歯科治療水安全施設認定」されています

当院は、歯科治療に最も使う「水」にこだわりを持ち、一般的な水道水は一切使わず、人体に無害で環境に優しい殺菌水を使用しています。

年1回水質検査を行い、一般細菌ゼロの状態を保ち、ハイレベルな院内感染対策を維持しています。

水質検索の結果「細菌ゼロ」となりました。

水道水は安全ではないの?

日本の水道水はきれいです。なので本来問題はありません。しかし、それにも関わらず少なくない歯科医院で、法律の上限を超えて細菌が検出されます。

それは、水を流していないときに内部に溜まった水が原因。滞留していると細菌がその中で増殖します。そこで、私たちは全ての配水を見直し、工事をしました。結果として滞留していても細菌が増殖しない環境を実現しました。

その他、感染予防対策に力を入れています

器具、エプロン、紙コップ、手袋は 患者様ごとに取り替えています。
歯を削るタービン類は、患者様ごとに滅菌しています。

診療後は、毎回 殺菌薬でユニットの清掃をしています。

お口に入る器械等は、使い捨てのビニール袋をかけて使用します。

口腔外バキューム
空気中の院内感染予防のために常に使用しています。

滅菌器 ステイティム
タービン(歯を削る機器)の中空(空気と水の回路)まで完全滅菌します。

高温高圧の滅菌器に器具をかけると、器具の痛みが激しく廃棄処分や修理に出す機会が増えます。
しかし滅菌は安心な歯科治療には必須です。

これらの器具をご用意してお待ちしておりますので、当日キャンセルはお避け頂くようにお願い致します。

お問合せはこちらお問合せはこちら