歯周病

歯周病の治療について

成人の80%の方が歯周病を患っていることをご存知でしょうか。そして、残念ながら多くの方が、その結果歯を失っています。

歯周病の方には「歯周病菌」がいます。この歯周病菌は、お口の中から、血管を通って全身に移動します。

そして、癌、糖尿病、リウマチ、心筋梗塞、動脈硬化、糖尿病、誤嚥性肺炎、また妊娠中の方は早産や低体重児出産など、様々な疾患の原因となる可能性があります。

つまり歯周病菌を放置することで、口の中だけではなく、全身の様々な箇所が病気になる可能性が高まる可能性があるのです。

こういう症状は歯周病の危険信号!

歯周病の代表的な症状は、「歯茎からの出血、口臭、ネバネバ感、歯がぐらぐらして抜けてしまう」などです。

わかりやすい症状が出てくる頃には、かなり進行している可能性が高いです。また、初期の歯周病は痛みを伴わない事が多く、自分で気づきづらいです。

そのため成人の80%が歯周病と言われるほど、全世界で最も蔓延している病気となっています。

以下は、口の中の細菌を位相差顕微鏡で検査し、治療前と治療後で並べたものです。新規の方には院内で実際にご覧頂いています。

除菌・歯周病治療をおこなった結果の治療前後の画像
カンジダ菌、トレボネーマが多く見られる。歯茎からの出血、口臭、ネバネバ感が強かった。治療後は、唾液はサラサラになり、菌数は減少。歯茎からの出血が少なくなり、お口の中がさっぱりした。

歯周病は歯石を取るだけでOKではなく「感染症」です

歯周病は「歯石」や「歯垢」を除去して治すものと思われがちですが、実際にはそれではなかなか治りません。

必要なのは「歯周病菌による感染症」と「生活習慣病」と捉えた上での治療です。

それを実現するために私たちは、

  1. 2800倍の位相差顕微鏡で歯周病菌を検査
  2. 歯周病菌がいるか、いるとすればどんな細菌がどれくらい存在するかを把握
  3. 現存する歯周病菌に適した投薬や専用の歯磨き剤で除菌
  4. 歯周ポケット内をストリークレーザーで殺菌(自費・ご希望者のみ)

を行います。

これにより治癒の促進が可能となります。

さらに、自己免疫力を上げるための栄養指導、生活指導も必要に応じてさせて頂いています。

ストリークレーザーによる
身体への負担が少ない治療を目指して

従来は、歯周病を治療するには切開して菌を取り除くしかありませんでした。痛みと時間がかかります。

しかし、ストリークレーザーがそれを変えました。ストリークレーザーではプラズマの光で処置をするため、不快な振動も無く痛みも従来の治療に比べて少ないです。

レーザーが痛みや炎症の原因となる物質を分解、血流を改善し、組織の新陳代謝を良くします。その結果、症状緩和、痛みを和らげることが期待できます。

ストリークレーザーの効果についてはこちらに公式情報がございます。

STREAK-1の特徴 | 一般社団法人プラズマレーザー研究会
http://plasma-laser.jp/streak1

遺伝子診断PCR検査

顕微鏡で判別できない歯周病菌は、歯周ポケット内の歯垢を微量取り、DNA検査を行って特定します。菌が特定できれば、その菌にあった治療法で除菌できますので、治療効果が高まります。

■費用

全て自費治療となります。費用の目安は以下です。※税抜

前歯部 :1万円~/ 歯
小臼歯部:1.5万円〜 / 歯
大臼歯部:2万円〜 / 歯

タンパク分解型除菌水、コーティングで、再発を防ぐ

歯周病治療は、歯磨きの仕方、食生活や生活習慣に影響を受ける病気です。ですから患者様の「治したい」という気持ちが必要です。

歯科医院に時々来て処置するだけでは、残念ながら限界があります。

喫煙や偏った食事内容、1日1回しか歯磨きをしない・・。そのような状況ですと、治癒は難しいです。また歯科医院での処置だけでは限界があり、再発させないためにもご自宅でのケアが非常に重要です。

そこで当院がおすすめしているのがタンパク分解型除菌水とコーティング剤を使ったケアです。

タンパク分解型除菌水は、水と塩を電気分解した自然素材の除菌水。歯垢を覆っているタンパク質の膜を除去し、強い除菌力で歯周病を予防します。

その後コーティング剤を塗ることで、歯ぐきのコラーゲン線維を再生させ、緩やかな抗菌力を持続させます。ドラッグストアなどで売られているものとは異なり、医院でしか取り扱えないもので、効率よく効果的で、もちろん安全です。

毎日歯磨きをしているのに、歯周病になってしまったという方には特におすすめです。

歯周病菌がもたらす可能性のある病気や問題

  1. 糖尿病
    歯周病菌から出される内毒素が、血糖を下げるインスリンを作りにくくし、血糖値が上昇します。さらに、糖尿病が進行すると感染症になりやすく、歯周病自体が重症化しやすくなります。
  2. 脳梗塞・心筋梗塞・動脈硬化症
    歯周病菌からでる内毒素は、歯肉から血管に入り、血管内に炎症を引き起こします。その結果、血栓が作られることがあり血流が阻害されて、動脈硬化症の原因となります。頭部にて動脈硬化が進むと脳梗塞の原因となります。歯周病の人は約2.8倍脳梗塞になりやすいといわれています。
  3. 早産(低体重児出産)
    陣痛にはサイトカインという物質が関わっており、これは炎症によっても増えます。歯周病菌によって歯肉に炎症が起き、サイトカインが増加すると、陣痛が促され早産になりやすくなります。歯周病の人は約7倍早産になりやすいと言われています。歯周病を放置することは、妊娠中の喫煙や飲酒よりもリスクが高いと言えます。

  4. 歯周病の人は癌を発症するリスクが14%高いと言われています。特に、食道癌の細胞から歯周病菌のトレポネーマが高い割合で検出されます。
    また、抗がん剤治療は口内炎や口腔乾燥症など口の中の副作用を起こすことが多く、癌治療の前に歯周病治療をすることが重要です。
  5. 関節リウマチ
    歯周病菌のひとつであるポルフィロモナス菌の持つ酵素が関節リウマチの発症に影響を与えることが分かっています。
    関節リウマチの患者様に、歯周病治療を行いポルフィロモナス菌が減少すると、関節の腫れや痛みが少なくなることが報告されています。また、歯周病の人は約2.7倍関節リウマチと診断されやすいと言われています。

お口の中を健康な状態に保ち、身体の健康へとつないでいきましょう!

お問合せはこちらお問合せはこちら